2024年 5月 20日 (月)

沖縄でコロナ感染拡大が深刻 医療ひっ迫の恐れ、救急搬送が困難な例も

   新型コロナウイルスの感染が、沖縄で急拡大している。最新の定点把握のデータによると、前の週の1.5倍以上の感染者となっている。入院患者も増えて、一般医療にもしわ寄せが及んでいる。

  • 医療現場は厳しい状況に(画像はイメージ)
    医療現場は厳しい状況に(画像はイメージ)
  • 医療現場は厳しい状況に(画像はイメージ)

前の週の1.5倍の感染者

   沖縄県は2023年6月22日、新型コロナウイルス感染者数の定点把握状況を発表した。沖縄タイムスが詳細を伝えている。

   それによると、6月12日?18日の1週間に、県内54定点医療機関で計1552人の感染者が確認された。1定点当たり28.74人で、前週(18.41人)に比べて約1.56倍に増えた。地域別だと、沖縄本島南部で1定点当たり40.79人と感染が最も拡大している。コロナ病床使用率は18日時点で57.8%。507人が入院しており、うち9人が重症。

   一般医療にも影響が及んでいる。20日時点で、県内で7医療機関が救急を、3医療機関が一般診療を制限。救急搬送に時間を要する搬送困難事例も増えている。

   感染拡大で、15~21日の1週間に、公立小学校3、中学校4、高校8、特別支援1の計16学級で学級閉鎖があった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!