2024年 6月 17日 (月)

癒し顔の魚「サカバンバスピス」VRでも人気 3Dモデル続々、仮想空間も

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「サカバンバスピス」という古代魚が、2023年6月からツイッター上で注目を集めている。フィンランドのヘルシンキ自然史博物館に展示されている、この魚の復元模型の画像が話題となったのがきっかけだ。丸く開いた目が並び、逆三角形の口をしている「ゆるめ」の顔つきで、「情けない顔してて好き」「かわいい」などと評されている。

   ツイッターには、ユーザーが描いたサカバンバスピスのイラスト投稿が相次ぎ、サカバンバスピスを模した手作り弁当の画像が掲載されている。この古代魚、メタバース(仮想空間)ユーザーの間でも人気を集めている。相次いで3Dモデルが制作され、さらにサカバンバスピスをテーマにした仮想空間が公開されている。

  • 「サカバンパスピスの海」に入り、古代魚と化した記者
    「サカバンパスピスの海」に入り、古代魚と化した記者
  • 海の中には入れなかった
    海の中には入れなかった
  • 「サカバンパスピスの海」に入り、古代魚と化した記者
  • 海の中には入れなかった

サカバンバスピス同士で集会

   さまざまなジャンルのクリエイターが、イラストや3Dオブジェクトを販売できるサイト「BOOTH」。2023年7月4日現在、ここで「サカバンバスピス」の3D作品を検索すると、40件の商品がヒットする。この魚をモデルにした3Dのぬいぐるみやアバター、形を模した3Dのスリッパやイヤリングが取り扱われている。

   BOOTHでは、ユーザーが気になった商品に「スキ!」と登録できる。最も人気を獲得しているサカバンバスピスのアバター(100円・税込)は、455件の「スキ!」が寄せられている。中には、無料で手に入るサカバンバスピスアバターも数点ある。

   ツイッター上ではこうした3Dモデルを用いて、サカバンバスピスのアバター同士で集う会をメタバース上で行なった、との投稿を頻繁に見かける。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!