「メタバースの何が楽しいか」に切り込む 「バーチャ場」オープン記念トーク

   メタバース。実際に体験した人は、どれほどいるだろうか。「『VRゴーグル』がないとダメでしょ」、「そもそもメタバースって、はやっているの」――こんな声を、聞いたことがあるかもしれない。

   2023年7月15日にオープンしたメタバース空間「バーチャ場(ばーちゃば)」で、こうした疑問に答えるトークショーが同日夜、開かれた。メインスピーカーの「ぴちきょ」さんは、メタバースにおける企業のプロデュースやコンテンツ制作、コンサルティングを手掛ける企業の代表。タイトルはズバリ「メタバースって結局何が楽しいの?」だ。

  • トークショー終了後に「バーチャ場」VRスタジオで記念撮影
    トークショー終了後に「バーチャ場」VRスタジオで記念撮影
  • トークショー終了後に「バーチャ場」VRスタジオで記念撮影

「一人でも楽しむ方法」がある

   1時間ほどのトークショーは、バーチャ場オープンを記念するもの。メタバース空間ながら、VRゴーグルなど専用機材や専用アカウント不要なのが、大きな特徴だ。パソコンやスマートフォンのウェブブラウザ―から、容易にアクセスできる。

   進行役の「VR記者カスマル」が質問し、ぴちきょさんが答える形で行われた。一般ユーザーが本当にVRやメタバースを楽しむうえで、まずは「Vket Cloudやclusterなど、ブラウザーやスマートフォンから入れるメタバース」を勧めた。参加者同士で話したり、一緒の時間を共有したりして「楽しい」と思えたら、さらにリッチな体験ができるメタバースを体験するとよいという。また先導者がいないと、「面白い」までたどり着くのが難しい。VRに詳しい「先輩」に案内を頼むと、楽しみ方が理解しやすくなる。

   メタバース上で、知らない相手にいきなり話しかけられるのを好まない人もいる。ぴちきょさんはメタバース「VRChat」を例に、「一人でも楽しむ方法」を伝授。「美しいワールド」を一人旅する、カメラの性能が優れているので撮影を堪能する、さらに、アバターをおしゃれにするような「創作活動」をする、といったものだ。

姉妹サイト