2024年 6月 18日 (火)

コロナ感染「ピーク」まだ先に 沖縄は減少も全国で7万人に近づく

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。特に九州の増加が目立っている。いち早く感染が広がった沖縄では、3週連続で減少している。このまま推移すると、全国的なピークは8月中旬のお盆あたりではないかと専門家は見ている。

  • 感染者の増加傾向は続く(本文と写真は関係ありません)
    感染者の増加傾向は続く(本文と写真は関係ありません)
  • 感染者の増加傾向は続く(本文と写真は関係ありません)

九州の増加が続く

   厚生労働省が全国約5000の医療機関からの報告をまとめたところによると、先週1週間(7月17日から23日)の全国の感染者数は6万8601人。前の週より、1万4451人増えた。1医療機関当たりの感染者数は13.91人。前の週の11.04人と比べておよそ1.26倍となった。

   地域別では、相変わらず九州の増加が目立っている。

   1医療機関当たりの感染者数は、佐賀27.44人、宮崎24.47人、長崎22.94人など軒並み20人を超えた。前の週からの伸びも大きい。

   5月8日に定点把握システムに移行してから、1医療機関当たりの感染者数は長く沖縄が全国トップだった。一時は40人を超えていたが、このところ3週連続で減少し、今回は22.43人。全国のワーストスリーは上記の佐賀、宮崎、長崎に変わった。このほか、熊本、鹿児島、大分も21人を超えており、福岡も18.69人。九州は全国平均よりもかなり多い状態が続いている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!