USJ「ハミクマ」も東京都配布の無料「コメ」も 転売ヤーは見境なし

   プロ野球のセ・リーグで阪神タイガースが2005年以来の優勝を果たした。大阪・道頓堀には大勢のファンが押し寄せ、川に飛び込む様子が報じられている。多くの人が特定の場に集まる現象ではハロウィーンの渋谷も有名だ。長谷部健渋谷区長は9月12日の会見で、ハロウィーンを目的として渋谷駅周辺には「来ないでほしい」と呼びかけた。

   ところでユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)では、ハロウィーン限定キャラクター「ハミクマ」が発売されている。これに高額転売が相次いでいる。

  • 相次ぐ「ハミクマ」の転売 売却済みのものは多い
    相次ぐ「ハミクマ」の転売 売却済みのものは多い
  • 相次ぐ「ハミクマ」の転売 売却済みのものは多い

ハロウィーン前に転売されるのは

■「ハミクマ」グッズ人気で高額転売 カチューシャにぬいぐるみ、続々と

   USJのハロウィーン限定キャラ「ハミクマ」。飛び出た目玉に大きな傷跡と恐ろしげな風貌だが、高い人気を誇っている。2023年シーズンも10月のハロウィーンに先駆けて、8月からハミクマのグッズが発売された。これに高額転売が相次いでおり、11万4980円で出品する事例も。

■東京都が無料配布したコメを高値で 「転売禁止」マーク塗りつぶしてまで

   東京都は低所得世帯に向け、「東京おこめクーポン」事業として食品を無料配布している。米袋の場合は前面に「転売禁止」と書かれているが、フリマサイト「メルカリ」上に出品が相次いでいる。

姉妹サイト