「全日本大学駅伝」国立大3校が出場へ 「箱根」を走るチャンスは・・・

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   秋になり、駅伝の季節が始まった。大学駅伝の選考会では、国立大学勢が健闘している。といっても箱根駅伝ではない。2023年11月に開催される第55回全日本大学駅伝(以下・全日本)の地区選考会だ。すでに名古屋大、鹿児島大、新潟大のチームが代表の座を射止めている。

  • 駅伝シーズンはこれから
    駅伝シーズンはこれから
  • 駅伝シーズンはこれから

陸上部があることすら知らなかった

   「全日本」の九州地区代表は、39大会ぶりに鹿児島大学に決まった。5月28日に行われた地区代表選考会で、福岡大や第一工科大などの有力大を退けて本大会の出場権を獲得した。10000mのタイムレースで、各大学上位8人の合計タイムが最も良かったのが鹿児島大だった。

   西日本スポーツによると、鹿児島大は、高校時代に実績のある選手はほとんどいない。選考会でチームトップの記録を叩き出した別府明稔選手は入学当初、陸上部があることすら知らなかったという。

   東海地区の代表選考会は、6月24日に開かれ、名古屋大学に決まった。7年連続代表の皇学館大とのマッチレースを制し、11大会ぶりの代表権を得た。

   北信越大会では、新潟大が2大会連続14回目の代表切符をつかんでいる。

姉妹サイト