2018年 7月 21日 (土)

竹内くん
ATMってなんの略?

印刷

   当コラムの筆者ことボンドは毎日、眼を九谷焼の大皿のようにして、この3時間ワイドをウォッチしているわけなんだけれど、おぬしただ者ではないな感が日増しに強まってくる出演者がいる。アシスタントでニュースを読む係の竹内香苗アナだ。

   みのはニュースの背景や周辺知識をけっこう竹内に聞いてくる。そのときの対応力はかなり高く、的確なんである。知らないことはさらっと誤魔化すか、爽やかに「ちょっとわからないです」で終わってしまう。

   よくあるケースでは、バカでカワイイというロールを与えられている"女子"アナが言葉につまり、「えっ、えっ、わかりません(笑)」→「なんだ知らないのか。不勉強だね、最近の若いのは。僕なんてね~」と展開していく、オヤジプレイを見せつけられることになりかねない。

   竹内(と朝ズバッ!の運営方針)はつねにそんなオグラ的な期待を裏切る。しかし、今日はいつもソツない竹内がありえないミスを犯していたんで、これはもう鼻を高くして、「なんだ知らないのか」と指摘せねばなるまい。

   コンビニATMまるごと強奪事件を伝える最中、みのもんたが「竹内くん、ATMってなんの略?」と、アドリブで”フリ”をだした。竹内は「automatic transmitting machine」と答えたが、正解は「automated teller machine」。あのなかには銀行の窓口係(teller)が入ってるよという意味なんである。

   ATMがどこかに電波でも送信(transmitting)してたら、ちょっと怖いかも!?

   まあ、それでもその場では誰も気づかなかったようだし、「transmitting」をだすあたり、英語教師なら相好を崩す間違い方と言えなくもないんである。

「みのもんたが3つに分かれてたらしいんですよ」

   政務調査費の活用法を伝えるニュースに関連して、みのが領収書のおもしろいエピソードを披露した。ただし、「これは冗談」なので信じないでください。

   ある日、経理部長に呼び出されたラジオ放送局新入社員みの。領収書によれば、同じ日のほとんど同じ時間、3箇所の飲食店にみのがいたことになっているぞ!? と問いただされた。「みのもんたが3つに分かれてたらしいんですよ」と笑わせるみの。

   みのもんたは「10分ぐらいずつ、顔をだしたかもしれません」と笑顔でその場をおさめ、あとでその領収書をだした人のところへキックバックを要求しにいったんだとか。

   みのが眠そうだ。VTR中のみのの表情が気になって、ニュースなんて頭に入らない。一応、みのの瞼が下りてくると、カメラを切り替えて他の出演者を映すも、そのタイミングが遅い。それと、朝から荒俣宏はキ・ツ・イ。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中