2019年 6月 17日 (月)

さんま、石原真理子との過去を笑いのネタに

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

    石原真理子の“暴露本”「ふぞろいな秘密」で、過去の石原との関係を書かれたタレントの明石家さんまが、2006年12月13日に放送された「明石家さんちゃんねる」(TBS系)で、石原本をネタに“自虐トーク”を繰り広げた。

    番組の冒頭で、共演の飯島直子と工藤静香が「ベッドでは、いたって普通の人だった」という本の一節を読み上げると、さんまが恥ずかしそうに登場。「まわりが迷惑するからね・・・いけないよ、ああいうことは」と本の内容を認めて、しょんぼりしてみせた。

    しかし、それだけでは終わらないのがさんま。元の妻の大竹しのぶが06年1月に発売した著書「私一人」の中でも、さんまとの結婚生活の裏話が“暴露”されたことに触れ、「オレは二打席連続暴露本や!」と笑わせた。スキャンダルもお笑いネタに変えてしまう、さんまの本領発揮の場面だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中