「本当に偉いのは親父だね」

印刷

   あれだけ人に宣伝しておきながら、TBSは放送する番組を間違えてしまったらしい。というのも、昨日の夜、放送予定だったボクシングは正味3ラウンドもやっていなかった。

   その代わりに「高校生コスプレ&ダンス選手権(2人出場)」に「素人のど自慢(1人出場)」、「ぜんまい仕掛けのオモチャの猿」などの映像を垂れ流し。これはひどい放送事故だ。

   あの2時間の拷問における唯一の救いは、白い頭巾が歌った「いつかのクリスマスを呪え!」に対して、鐘がひとつも鳴らなかったことだ。ついでに言えば、実況アナウンサーも自己陶酔の癖の悪さに関しては、コンマ1秒も引けは取らなかった。

   さて、問題はみの”孫の名前は第8位”もんたである。亀田にツレないみのがランダエタ勝ちを示唆したことは以前の当コラムでもお伝えしたとおりなんだけど、それはすっかり忘れてしまったようで…。自身の予想を顧みることがなかったのは残念。もっとDHAとイチョウ葉エキスを!

   ”真の王者”こと亀田興毅がスタジオ生出演すると、みのは「よくやった」「えらい」と笑顔と拍手で迎えた。それでも、ふだん何かの栄光をゲットしたスポーツ選手に贈られる、ゴッホのひまわり並みにビビッドなスマイルとはちょっと違っていて、多少の翳り感もあったんである。

   みのがよく言う「やってくれると思ってましたよ」は言わなかったし、「本当に偉いのは親父だね。悪ガキ3人を育てて。こういう強い親父がいまの日本には少ないんだよ」とやたらにオヤジを持ち上げる方向に行ったのは、みのなりの良心の一部だったのかも!?

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中