「何か本当に壊れちゃってるなー」

印刷

   東京・渋谷では、予備校生の兄(21)が短大生の妹(20)を殺し、遺体をばらばらに。岡山・倉敷では母親(31)が4歳の息子を虐待で死なせた疑い、と嫌なニュースが並んだが、みのもんたはまだ正月休み。柴田秀一アナが切り回した。

   渋谷の事件は、医大受験に2度失敗している兄を、女優を目指して活発な妹が「夢がない」となじったことかららしい。細かいことはまだ不明だが、妹を切り刻んで袋に詰め、自室のクローゼットに隠したまま予備校の合宿に出ていたというのだから、まあ、頭の程度は幼稚園か小学生並としか思えない。

   一方の倉敷の母親は、児童相談所がこれまで6回の虐待を把握、3度一時保護していた。年長の兄はいまも養護施設にいる。死因も、七味とうがらしが気管に詰まっての窒息死というから、自分で飲んだものではなかろう。これまた、そうした結果がどうなるか、という思考がまったく欠落している。

   杉尾秀哉は「何か本当に壊れちゃってるなー」と。柴田も「なんとかしないと」とコメントにならない。日本人はバカになっている、とはっきりいえよ。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中