2018年 7月 19日 (木)

なんでもかんでも「番宣」 うるさいぞ!

印刷

   CM総合研究所の調査によると、各テレビ局が流すコマーシャルの中で、自社の番組の宣伝をする「番宣スポット」が1割を占めるそうだ。ものすごい量の番組宣伝が入っているものだなあと思う。

   特にいまは新しいドラマがスタートする時期なので、テレビ局の熱の入れ方が目立つ。「なんでもかんでも宣伝しちゃおう」と一番チカラが入っているのは、日テレとTBS。ひと昔前のフジのやり方を踏襲しているんだけれど、あんまりスマートなやり方じゃない。年末年始は番宣ばかりで、うるさくて仕方なかったな。

   しかも、なんでもかんでも番宣を作って流しても、みんな見てくれるわけではない。番宣はたくさん見たけど、面白そうだからドラマを見てやろうとかなと思ったのは、キムタク主演の「華麗なる一族」ぐらいだ。番宣スポットをしっかり作らないと、ただ流すだけになってしまう。

   ただ、テレビ局には「広告が埋まらないから、やむをえず番組宣伝で埋めている」という事情もあるから、気の毒といえば気の毒なんだけどね。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中