ラグビー不人気、さびしいよ

印刷

   10年前は人気スポーツの一つだったラグビーも、今ではサッカー人気に押され、完全にマイナーなところに置かれている。新聞をみてもラグビーの記事は少ないし、テレビ中継も地上波はほとんどなくてスカパーが中心だ。

   だけどヘソ曲がりのオレは、そんなマイナースポーツ、ラグビーのファン。

   この前の大学選手権決勝ももちろんテレビでしっかり見た。てっきり早稲田が完勝するだろうと思っていたので、関東学院が勝ったのにはびっくりしたけど、なかなかいいゲームだった。しかし世間の盛り上がりはいまいち。かつては満員になった国立のスタンドも上のほうはガラガラだった。

   もっと気の毒なのは社会人のトップリーグ。成人の日には東芝とサントリーという日本を代表するチームがどしゃ降りの中で激突したが、観客はたったの6000人。せっかくいい試合だったのに、これじゃ寂しいよな。

   ラグビーは、男くさくて、泥臭くて、愚直なスポーツ。要はスマートさがないんだけど、今はそういうものが敬遠されている時代なんだと思う。今年はワールドカップもあるので、もっと人気が出ることを期待したい。でも、道は遠そうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中