「風林火山」女性陣がちょっと弱い

印刷

   鳴り物入りで始まったNHKの大河ドラマ「風林火山」。1回、2回と見たけれど、今のところは人物紹介みたいなことだけで、まだまだこれからという感じだ。

   これは武田信玄の軍師をやった山本勘助を主人公にした物語。大河ドラマといえば戦国武将ものが定番だから、合戦をやったり軍師をやったりというのはいいんだけれど、それだけだと華がない。「利家とまつ」や「功名が辻」のように、女の人たちが活躍しないとつらいんじゃないかな。

   オレは内野聖陽というのは大好きで、非常にいい俳優だと思っているが、女性陣がちょっと弱いなあ。恋愛部分とかそういうのが見当たらないから、このままだと視聴率的には苦戦が予想される。まあ、これからだけどね。

   でも、「風林火山」はもっとすごいかと期待していたので、ちょっとがっかりだな。すべてがチャチっぽくて、重厚感がない。役者もこじんまりしている。「大河ドラマ」というよりは「中河ドラマ」という感じなんだよな。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中