2018年 7月 23日 (月)

「ニセモノでガックリ」が面白い「なんでも鑑定団」

印刷

   テレビ東京の長寿番組「開運!なんでも鑑定団」は、うちの90のばあさんが一番好きな番組だ。

   自分が「お宝」として大切にしている書画・骨董のたぐいを持ってきて、いくらぐらいなのか鑑定してもらう番組なんだけど、ばあさんでもちゃんと笑えるつくりになっている。

   どこで笑うのかといえば、ニセモノをつかまされたことが鑑定で判明した場面。持ち主が「300万!」と言ったのに「20万です」と鑑定されるとその落差が大きくて、大笑いできる。年寄りでもわかりやすくて家族みんなで楽しめるというのが、長寿の秘訣なんだろう。

   鑑定は、本人の思っている金額より驚くほど高額な場合もたまにあるけど、だいたいはニセモノをつかまされてガックリということが多い。こういうのを見ていると、骨董品の世界というのは、だまされながら目利きができていくもんだというのがよくわかる。

   あと、工夫しているなあと思うのが、出張鑑定。草深い田舎まで出かけていって、地方の人たちのお宝を鑑定するんだけど、その土地、その土地のカラーが出ていて面白いね。地方にはあんまり使われない立派な文化会館がいっぱいある。その利用法としてはピカイチなんじゃないかな?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中