「ニセモノでガックリ」が面白い「なんでも鑑定団」

印刷

   テレビ東京の長寿番組「開運!なんでも鑑定団」は、うちの90のばあさんが一番好きな番組だ。

   自分が「お宝」として大切にしている書画・骨董のたぐいを持ってきて、いくらぐらいなのか鑑定してもらう番組なんだけど、ばあさんでもちゃんと笑えるつくりになっている。

   どこで笑うのかといえば、ニセモノをつかまされたことが鑑定で判明した場面。持ち主が「300万!」と言ったのに「20万です」と鑑定されるとその落差が大きくて、大笑いできる。年寄りでもわかりやすくて家族みんなで楽しめるというのが、長寿の秘訣なんだろう。

   鑑定は、本人の思っている金額より驚くほど高額な場合もたまにあるけど、だいたいはニセモノをつかまされてガックリということが多い。こういうのを見ていると、骨董品の世界というのは、だまされながら目利きができていくもんだというのがよくわかる。

   あと、工夫しているなあと思うのが、出張鑑定。草深い田舎まで出かけていって、地方の人たちのお宝を鑑定するんだけど、その土地、その土地のカラーが出ていて面白いね。地方にはあんまり使われない立派な文化会館がいっぱいある。その利用法としてはピカイチなんじゃないかな?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中