2018年 7月 21日 (土)

「安全安心が切り捨てられている」

印刷

   大阪吹田市でスキー客らを乗せた大型バスが衝突事故で27人が死傷。

   「21歳の運転手はノーブレーキで橋脚に突っこんだ。しかも居眠り運転です。ゲーム感覚のような運転といえるでしょう」みのは追求する。

   「格安のバスツアーは、はやってますけどね」とゲストの大林素子。事故を起こした21歳は大型免許を取って半年あまり。長野から大阪まで11時間半。交代要員の運転手なし、ひとりだけで夜間運転して疲労困憊で居眠りをしてしまった・・・。

   事故の引き金になったのは過労運転だが、その背後に問題があるとみのはフリップを片手に力説する。

    「2000年の規制緩和でバス会社は免許制から許可制になって、従来の2.5倍になった。そこで過当競争になった」「なんと従業員10人以下の会社は全体の58%ですよ」競争原理は長時間労働、低賃金を強いることになる。事故を起こした会社も家族経営だった。

   「ですから安全安心が切り捨てられているんです」ニュースキャスター:柴田秀一のコメントには説得力があった。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中