2018年 7月 23日 (月)

「赤ちゃんのいのちは救われなくちゃ!」

印刷

   大岡裁きのイメージでみのもんたはタンカをきった。本来はお国が高齢者や子ども、年金の面倒をみるのは当然だろうと目尻をくいと上げていった。そして、がなった。

   「短絡的に賛否両論をいってる場合じゃないよ。まず赤ちゃんのいのちは、救われなくちゃいけない!」

   「赤ちゃんポスト」(コウノトリのゆりかご)は、熊本市の慈恵病院の設置計画が引き金になった。親が育てられない新生児を匿名で引き受けましょう・・・これに対して例の柳沢厚労相は事実上容認する見解を示した。しかし安倍総理は「抵抗感がある」。

   朝ズバッ!は、いまドイツで90か所に設置されている実物大の「赤ちゃんポスト」をスタジオに再現した。室温が36度に保たれ、なかには手紙が入っている。

   ・・・あなたは軽い気持ちで預けたとは思っておりません。あなたが一緒に暮らせるようにお世話します。いつでも連絡を。

   赤ちゃんを救おうというこのような施設はヨーロッパや米国にも広がっているという。

   検討しますとはいうものの、反対論者の票が怖いニホンはこの問題でも腰が引けている。

   編集コメンテーター末吉竹二郎のズバッに爽快感があった。

   「産まれた赤ちゃんの立場になって考えるべきでしょう」

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中