とんでもない事件 
お前、何考えてんだ!

印刷

   こともあろうに、大家が空き巣——―そのすべてを防犯カメラがとらえていた。

   以前から、財布の現金が減るのでおかしいと思っていた住人が、防犯カメラを設置して2日目。男が入ってきて、テーブルの上の財布から現金を抜き取る。白手袋、顔もわかる。あ、マンションの大家(63)だ、というので御用になった。

   「とんでもない事件ですよ。大家なら合いカギももってるし、お前何考えてんだと」(テリー伊藤)
   「荷物届いたら、あけてもらったりもするでしょ」(香山リカ)
   「やっぱりカメラつけた方がいいか」(加藤浩次)
   「でも、そのカメラからへんな線が出ていて、管理人が見ていたりして」(宮崎哲弥)

    「ちょっと待って下さいよ」と加藤。「いやありうる」とテリー。

   動く映像をそのまま流せば一目でわかる、テレビならではの威力だ。だが、このマンションと事件、どこで起こったのかはとうとう言わず終いだった。

「麻原のDNAをつぐのは子どもたち」

   オウム真理教(現アレフ)の上祐史浩代表が昨日、公安調査庁などを訪れ、オウムからの脱退と新団体の設立について説明した。信者1600人のうち200人が行動をともにするとみられている。

   上祐代表は、社会に認められることを重視して、麻原彰晃元代表の行き方からの脱却を説いているといわれ、これに反対する信者とで、内部は分裂状態にあった。新団体では麻原時代の教材、写真、祭壇、宗教名から例のヘッドギアまですべてを放棄するという。が、これが見せかけである可能性はある。

   テリー伊藤は、「上祐氏はしたたかですね。麻原のDNAをつぐのは子どもたち、その子どもたちを彼は面倒見ようとしている。これはある意味で根幹を握っている。最終的には上祐氏がもっていく」と意外な視点。

   宮崎哲弥も「子どもの件は重要。表面的には、教義として(麻原とは)切れているようにみえる。ただ、偽装の可能性はいぜんある」という。

   「子どもが上祐さんを支持するといったとき、どうなるかですね」(テリー)
   「正統性の問題になる」(宮崎)

あこがれのアイドルの話になって、テリー伊藤が「内藤洋子」。「あー、喜多嶋舞のお母さん」と加藤。その加藤が「キョンキョン」といえば、宮崎が「ファンクラブに入ってた」と握手。香山リカは「郷ひろみ」、阿部哲子は「光GENJI」。それぞれ若かった。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中