「親も球団も金の成る子どもにたかるな!」

印刷

   西武ライオンズが、アマチュア選手2人に栄養費と称して金を渡していた問題。状況がだんだんわかってきた。元はといえば、現行ドラフト制度自体の欠陥だ。

   東京ガスの木村雄太投手(270万円)は「悪いとは知っていたが、家計の助けになればと思った」と会見で話した。もうひとりの早大生(1025万円)は、進学について西武に相談した結果らしい。親は「奨学金だと思った」という。

   木村投手の会見に、加藤浩次が「かわいそうな気もする」といったが、テリー伊藤は「お金が欲しいんならプロへいけばよかった。親も球団も、金のナル子どもにたかるなといいたい」とパネルを出して、「契約金もプロ野球機構を通せ」と主張した。

   宮崎哲弥は「完全ウエーバー制にするか、ドラフトを抜本的に見直さないといけない」という。しかしことはそう簡単ではない。「たとえば、斎藤投手が希望の球団に入れないとなると、メジャーへ行っちゃうかもしれない」というテリーの懸念は現実のものだ。

   ここはひとつ、楽天に優勝してもらって既成概念をぶっ壊すしかないか。ね、野村監督。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中