2018年 7月 22日 (日)

「いきなり暴れ出した!」

印刷

   「体長15メートル」「いきなり暴れ出した!」。朝イチの5時半過ぎ、胴体着陸のプロペラ機に続いて、みのもんたが紹介したのはモービーディックことマッコウクジラだった。

   昨日、愛媛県は宇和島市の湾にクジラが迷い込んだ。付近の住民、漁協関係者たちが「かわいそうなクジラ」を湾外に出してあげようと船を出し、ロープを巻き付けて牽引――。

   牧歌的なヒマネタのはずだったが、クジラは突然、尾を一閃。牛が蝿でも払うように小型漁船をひっくり返し、海に投げ出された三人のうち一人が亡くなった。なお、死因が外傷によるものか、水死かは不明である。

   今朝の現場からの中継によると、昨夜以降クジラの姿は確認できず。闇に紛れて、自力で外洋に出ていったらしい。そうすると人が一人亡くなった「救出作業」は何だったのだろう、という気もするが…。クジラの心は人間などには計り知れない。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中