2018年 7月 18日 (水)

「真犯人がでなかったら、そのまま」

印刷

   強姦で有罪判決を受けた男性(39)が2年1カ月の服役を終えたあとで、真犯人が別にいることが分かった。富山県警は、いったい何をしたのか。

   「被害者が顔を見てこの人だといった」「姉さんは、間違いないからどうにでもしてくれと言っている」と警察は自白を迫った。犯行があったとされる時間帯に携帯電話をかけていた、というアリバイの主張には「相手は受けてないと言っている」

   ――全部うそだった。だが男性は「姉にも見放された」と、犯行を認めてしまった。

   そもそも逮捕の根拠は、マスクにタオルをかぶっている似顔絵。だれだって似ている。現場検証でも、わからないまま「ここだろ」と。現場の足跡の違いも無視。起訴後、検事に「やってない」というと、警察は「今後は言いません」という念書を書かせた。男性は「恐かったから」という。

   典型的な冤罪作りのパターンだ。冤罪になるのはきまって、気の弱い、法の仕組みもよく知らない人たちなのだ。

   「真犯人がでなかったら、そのままでしょ。恐いですよね」と加藤浩次。スタジオもあ然だ。

   テリーは「問題は逮捕の前です。昔、こいつは不良だったとか、先入観が一番」

   鹿児島でもつい先日、12人が無罪になった選挙違反裁判があった。これも警察の捏造だった。警察のミスはきちんと裁かれないといけない。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中