「恐れ入りました」

印刷

   世界最強の将棋コンピュータソフト「ボナンザ」に22歳の天才棋士、渡辺明竜王が勝った。

   このソフトは昨年の世界コンピュータ将棋選手権で優勝。将棋連盟から公の場でプロの棋士が対局するのを禁じたいわく付のもの。

   今回は、4月から始まるネットを通じて棋士と対局するネット棋戦を盛り上げるために特別に企画された。

   番組では、とくダネ!最強という芸能リポータ、前田忠明が挑戦したが、「恐れ入りました。相手はいろいろな手を持っており、何を考えているのかわからなかった」と辛い言い訳。

   勝った渡辺竜王は「コンピュータソフトにもうっかりがあるんですね」とホッとした表情だったという。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中