「わたしはセックス関係、いや…」

印刷

   春は街に変な人が増える(目につく)と言うけれど、教師の(性)犯罪を断罪するこの番組の司会者も、下ネタにかけては人後に落ちない。

   織田裕二が主演ドラマの宣伝のため出演した際、ドラマにはよくある複雑な人間関係を、三角関係ならぬ「五角関係」と説明。すると、みのは「わたしはセックス関係、いやシックス(六角)関係ですよ~」とニヤニヤ。このオヤジギャグ以下の発言にはスタジオが静まりかえった。

   最近のみのは下ネタが増加傾向にあるが、これには季節以外にも理由がありそうだ。各方面からのバッシングによって、精神状態が抑圧傾向にあり、むしゃくしゃしているのか、ときおり性衝動が噴出してしまっている可能性が否定できない。これが番組内にとどまることを祈るばかりである。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中