2018年 7月 19日 (木)

「わたしはセックス関係、いや…」

印刷

   春は街に変な人が増える(目につく)と言うけれど、教師の(性)犯罪を断罪するこの番組の司会者も、下ネタにかけては人後に落ちない。

   織田裕二が主演ドラマの宣伝のため出演した際、ドラマにはよくある複雑な人間関係を、三角関係ならぬ「五角関係」と説明。すると、みのは「わたしはセックス関係、いやシックス(六角)関係ですよ~」とニヤニヤ。このオヤジギャグ以下の発言にはスタジオが静まりかえった。

   最近のみのは下ネタが増加傾向にあるが、これには季節以外にも理由がありそうだ。各方面からのバッシングによって、精神状態が抑圧傾向にあり、むしゃくしゃしているのか、ときおり性衝動が噴出してしまっている可能性が否定できない。これが番組内にとどまることを祈るばかりである。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中