「ニホンの高校生は本音をいってない!」

印刷

   ぶっちぎりで野望なし。「高校生の意欲に関する調査――日米中韓の比較」{日本青少年研究所調べ}によると、ニホンの高校生は情けないほど出世意欲が低いことがわかった。

   「偉くなりたい?」アメリカ=22.3% 中国=34.3% 韓国=22.9%。これにニホンは8.0%。ざっくりいえば90%以上の高校生が「偉くなりたいって?別にィ・・」シラっと答えている。

   夢や希望を持てないイマドキのニホンの高校生の実態が浮き彫りになりました――

   加えて「人生の目標は?」アメリカ=「円満な家庭」中国=「お金持ち」韓国=「趣味や興味をエンジョイ」・・・ニホンの高校生は「たくさんの友だち」だそうだ。

   スタジオ・トークは「少年よ大志を、なんてのはどうなってんの」と嘆く江田けんじを除いて楽観ムード。

「好きなこと、やりたいことをやればいいんだよ」(テリー伊藤)
「大人があーだこーだといい過ぎるんですよ」(加藤浩次)
「暮らしていけるだけの収入でのんびりしたいなんて60歳くらいのおじさんみたい」(おおたわ史絵)

   結論といっていいだろう。テリー伊藤がいった。

「この統計で、ニホンの高校生は本音をいってない!」

   意識調査を受けた青少年のテレがあるということか。希望的意見なのか。とすると、本音はやはり夢は出世してカネをがっぽり?

文   初代不良家
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中