2018年 7月 20日 (金)

「ボクは中大付属高校に陸上競技で入った。いけないことですかね」

印刷

   西武に端を発した金の話で高校球界が揺れている。特待生制度が野球憲章に触れるというが、やってる学校がいくらもあるじゃないか、というわけだ。

   共同通信が過去5年間に甲子園に出場した高校を調べたところ、16校で特待生制度があった。PL学園(大阪)、済美(愛媛)、千葉経大付(千葉)など強豪校がズラリ。北陽(大阪)の校長は、「どこでもやってる。うちは30年以上も前からオープンにやってきている。高野連の考えがわからない」(東京新聞)とまでいっている。

   しかし、高校野球連盟は全校を調査して、憲章に触れた場合には、校名を公表、監督は辞めてもらう、選手は5月末まで出場停止などの処分をするという。

   小倉智昭は「主力選手が出られないと野球にならない。高野連の考えは立派だと思うが、そこまでやらないといけないのか」「ボクは中大付属高校に、学力が足らなくて陸上競技で入った。それでいまこういう仕事している。これっていけないことですかね」

   笠井信輔は、「一般の特待生の中に野球が入っているところもある。親御さんも困っている」

   ほかのスポーツはよくて、野球がダメな理由は? 金額が大きいからか?

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中