日曜の朝、気分がよくなる「ボクらの時代」

印刷

   日曜の朝7時からフジテレビでやっている「ボクらの時代」という30分番組は、気軽に見れるトーク番組だ。毎回異なる3人が出てきて、自由に鼎談する。それだけの番組。

   この前はオープンしたばかりの東京ミッドタウンで、椎名誠と坂東玉三郎と篠山紀信が、写真を中心に旅行の話なんかをしていた。

   面白かったのは、「写真」の話をしていたのにいつのまにか「水」の話になっていったこと。椎名誠が「書くのに行きづまると洗濯をする」と言えば、玉三郎も「何かを思いつくのは、シャワーとは風呂とか水に触れているときが多い」。篠山紀信は「酒を飲んでいるとき。水割り」と笑わせていた。

   彼が「本当は海も山も嫌いなんだけど、カメラをもったら『いいもの撮りたい』っていう欲望がわいてきて気にならなくなる」というのも印象的な話だったな。

   この「ボクらの時代」は、毎週顔ぶれが替わるというところが面白い。大人が見ても十分に楽しめる内容。日曜の朝にふさわしい、気分がよくなる番組だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中