2018年 5月 21日 (月)

「キモイ!」

印刷

   重暗い事故のあとで、すっかり曇ってしまった感のある特集「秋葉原・オタク文化」。スッキリ!!ではやや異色の題材とはいえ、内容はありがち。アイドル・声優の握手会、いまさらなメイドカフェ(外国人が行くことで新味を出す)、アニメDVDを買い込むオタク――といったところ。

   しかし、主演を張ったリポーターの古橋拓真が活躍。”ツン(デレ?)”のメイドにニヤニヤし、シャンプー・マッサージを受けながらデレデレの名演技を見せた。

   ビデオが終わると、加藤がさっそく古橋に突っ込んだ。「キモイですよ」。言われ番組でなにをしたいのか、番組はなにをさせたいのか、見ていてもどかしいキャスターは、イジリ対象を見つけたときには、猟犬が獲物を見つけたように目を輝かせる。コメンテイターの三船美佳も「キモイ!」と同調。 古橋は「(オタクに)完全にはとけ込めなかった」と主張するが、最後には「お兄ちゃんと呼ばれてうれしかった」と告白した。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中