2018年 7月 19日 (木)

「保育料は差し押さえで払わせるべきだ」

印刷

   支払う能力があるのに払わない。給食費ばかりではなかった。とくダネ!はこの問題を「怒りをこめて」取りあげた。

   保育料不払いの実態は、全国的な広がりを見せている。29自治体の総計が21億6500万円!トップが大阪で横浜、京都と続く。保育園に子どもを預けている親の1割がすっとぼけている。

   「夫に任せてあるので知りません」「塾の支払いがあるので・・」

   なかには超豪邸に住んで、外国車を乗りまわしているのに「住宅ローンで困っているので保育園料まで手が回らないの」あきれるばかりだ。身勝手というしかない。

   「悪質だよ。こうなれば、バンバン差し押さえでもして、払ってもらいたいね」小倉智昭がハイテンションで怒りのコメント。

   「認可保育園」――実際に運営しているのは、市区町村の各自治体福祉施設だ。両親が共働きで子育てがむずかしいケースなど「子どもが保育に欠ける状態のみ入園可能」が基本となっている。対象は0~1歳児から、小学校入学前までだ。

   保育料は各自治体によってその額には差がある。生活保護家庭は無料で、上限が57500円(東京・世田谷区の場合)まちまちだ。

   民間の運営ではないので、督促となると市役所が電話で催促したり、自宅訪問したり。役所の人間が相手なのでのらりくらり・・・「自分が払わなくてもツブれないでしょ」とうそぶく親もいるそうだ。

   「待機しているお子さんが多いというのに。罰則がないのも問題ですが、公平性やモラルが問われますね」(竹田圭吾)

   小倉智昭のしめくくりの言葉がわかりやすい。「モノを買ってカネを払わなかったら犯罪になる。保育園料は犯罪ではないとしたら、有無もいわさず差し押さえで払わせるべきだ」

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中