「領収書問題は参院選の争点にすべき」

印刷

   自民党がごねにごねていた政治資金管理団体の領収書添付問題。やっと5万円以上の経費について添付を受け入れる方針を固めた。しかし、国民をバカにしているのか?としか言いようがない中身。番組では、『5万円以下の添付は不要 ザル法に批判続出』と吠えた。

   自民党案の「抜け道」の一つは、5万円以上の経費も、それ以下に分散して他に付け替えれば領収書の添付は不要になる点。しかも対象を資金管理団体に限っている点も使途を不透明にする恐れ十分。

   さらに、この問題で法改正が行われても過去に遡らないという点。この領収書問題の発端となった松岡農水相の巨額な光熱水費疑惑について、ムニャムニャで済まそうという腹で、小賢しいというか、小汚いというか・・・。

   これにはジャーナリストの鳥越俊太郎が「よくない。この問題を参院選の争点にすべきだ」と怒号。サブキャスター小木逸平の「自民党は"自由な政治活動に支障が出る"といっていますが」にも、「そんなのウソだよ」と一喝していた。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中