山田太一脚本、渡辺謙主演ドラマ、フジ系で25日

印刷

   山田太一脚本、渡辺謙主演のスペシャルドラマ「星ひとつの夜」が2007年5月25日午後9時からフジテレビ系で放送される。「ふぞろいの林檎たち」シリーズなど知られる山田が企画段階から「渡辺謙さんにお願いしたい」と熱いラブコールを送って両者のコンビが実現した。「硫黄島からの手紙」など最近は映画での活躍が目立つ渡辺にとっては、3年ぶりのテレビドラマ出演となる。またドラマ「のだめカンタービレ」の千秋役でブレークした玉木宏が共演する。

   「星ひとつの夜」は、人間関係に臆病な二人の男がふとしたきっかけで出会い、関わりをもっていくというドラマ。家族、友人、恋人などの人間関係がどこか希薄になっている現代、人と人が関わるということはどういうことなのか、他人を理解し受け入れるということはどういうことなのか、というテーマを描く。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中