2018年 7月 23日 (月)

「丸川さん、テレビ屋的には裏切り者だね」

印刷

   現役女子アナが今夏の参院選に出馬。テレビ朝日の丸川珠代アナが自民党・東京選挙区から国会を目ざす。スタジオは妙に沸いた。他局とはいえ、よく知っている仲間のヘンシ~ン!とあって、関心度が高いようだ。

   「ぼくはゴルフ番組を一緒にやったことがあるし、ステキなお嬢さんという印象で驚きました」と小倉智昭。

   とくダネ!の佐々木恭子アナはすかさずいった。「わたしはびっくりしませんでした」・・・この両者は同じ神戸出身。高校だけは別だが小学校・中学校・大学(東大)と同じコースをたどってきた。佐々木恭子アナが入社試験の時期には、ちょっと先輩の丸川珠代アナのところにOG訪問したという。

   「あれだけエネルギーのある人だし、不思議だとは思いません」

   なぜアナウンサーが政界に?ゲストの高木美保がいう。「キャスターと違ってアナウンサーはカゲの存在で本音をいえない、ホントの実力を出せないと思うんですよ。チャレンジですね」

   これを受けて前田忠明。「36歳、独身。報道型としては大チャレンジでしょう」

   デーブ・スペクターも黙っていない。「テレビ屋的には裏切り者だね」。担当していたテレビ朝日の「ニュース・ステーション」はどちらかといえば政権に妥協しない硬派のニュース番組。

   イメージは野党なのに、丸川アナ=自民党候補とは意外であり、視聴者のイメージは裏切られたという意味だ。テレビ屋のひやかしだ。そしてひとりごとのようにいった。「民主党の蓮舫のコースにとりたくなかったのかな」

   東京選挙区は改選数が5人。「いずれにしても、もうひとりの(自民党公認の)おじさんとともに選挙戦になるようです」笠井信輔が締めくくった。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中