カンヌ映画祭、河瀬監督がグランプリ

印刷

   世界三大映画祭の一つとされるカンヌ国際映画祭の授賞式が2007年5月27日(日本時間28日未明)フランス・カンヌであり、河瀬直美監督の「殯(もがり)の森」が最高賞「パルムドール」に次ぐグランプリ(大賞)を受賞した。日本映画のグランプリは1990年の小栗康平監督「死の棘」以来。

   「殯の森」は、子供を亡くした介護施設の女性職員と、妻と死別した認知症の老人の交流を、奈良の山里を舞台に描いている。6月23日から東京・渋谷のシネマアンジェリカで、7月7日から大阪・九条のシネ・ヌーヴォで上映される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中