2018年 7月 20日 (金)

カンヌ映画祭、河瀬監督がグランプリ

印刷

   世界三大映画祭の一つとされるカンヌ国際映画祭の授賞式が2007年5月27日(日本時間28日未明)フランス・カンヌであり、河瀬直美監督の「殯(もがり)の森」が最高賞「パルムドール」に次ぐグランプリ(大賞)を受賞した。日本映画のグランプリは1990年の小栗康平監督「死の棘」以来。

   「殯の森」は、子供を亡くした介護施設の女性職員と、妻と死別した認知症の老人の交流を、奈良の山里を舞台に描いている。6月23日から東京・渋谷のシネマアンジェリカで、7月7日から大阪・九条のシネ・ヌーヴォで上映される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中