「国民は怒って政党助成金やめますよ」

印刷

   松岡利勝大臣の自殺一色だった。現職の大臣がしかも国会開会中に自殺なんて前代未聞。場所は話題の赤坂議員会館だ。いったいなにがあったのか。

   とにかく悪い話に包まれた人——―大臣就任が安倍政権誕生の論功行賞といわれ、就任当日にパーティー券疑惑。事務所費問題では「なんとか還元水」の迷言を生む。緑資源機構の官製談合では、捜査が入った4社から政治献金を受けていた。国会での追及には、のらりくらり。安倍首相はずっとかばい続けていたが、とうとう与党内からも辞任を求める声が――

   遺書が6通と便せんが2枚あったというが、伝えられたのは「私自身の不明不徳のいたすところ」「死をもってあがないます」というだけ。なぜ辞職ではなく自殺なのか。

   「緑資源機構で地元にまで手が入った。自分の周辺に及ぶと思ったのではないか。それと安倍首相への恩義でしょう。林野庁出身の初の大臣で、安倍はかばい続けてくれた」(岸井成格)

   「政党助成金を出しているのに、パーティー券とか献金というのがわからない。談合で強制捜査を受けた団体からの献金ということは、金が松岡さんに戻っているということ。国民は納得しますか?」(みのもんた)

   「金は普通の金じゃなく税金ですよ。不要な事業だってやっている。この死を契機に変えてほしい」(浅野史郎)

   「いつまでたっても金、金。与党も野党もなにやってたんですか。国民は怒って、政党助成金やめますよ。安倍さん、この際思い切った改革をドカーンとできませんか」(みの)

   「通常ではできないけど、こういう状況になればなるほど考えますよ。できることはある。それを目に見える形でだしてこないと、だれも信用しない」(岸井)

   「国民も持続的な志が必要。何年経っても忘れないぞと」(浅野)

   「これからが見もの。どの党がどう対応するか。選挙が近いのはいいことだ」(川戸恵子)

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中