「宝石屋で貴金属を盗んだほうがラク!?」

印刷

   千葉・鴨川温泉に「ルパン3世」があらわれた。「金の風呂」のテレビCMで有名なホテル三日月の浴場から、目玉の黄金風呂が盗まれたのだ。18金でできたゴージャスな風呂釜のお値段は、なんと時価1億2000万円!

   こんな高価な風呂が盗まれたこと自体が驚きだが、いったいどうやって盗んだのかも大きな謎だ。黄金風呂は重さ80kgもあって、ホテル最上階の10階に鎮座していた。しかも近づけばすぐにアラームが鳴る警報装置がつけられていた。なのに・・・

   とくダネ!では、笠井信輔アナが写真や間取り図で現場の様子を説明。複数の人間が非常階段を使ってエッサホイサと運んだのではないかと推理していた。だが、キャスター小倉智昭の関心はまったく別のところにあった。

   「何もこんな重くてでっかいものを盗まなくても、どっかの宝石屋の貴金属とか盗んだほうがラクだと思うんだけど・・・かをりちゃんは、なんであえて持っていったと思う?」

   ふられた眞鍋かをりは「今すごく金の値段も上がっているし、これだけあれば高く売れるだろうと狙っていたんだと思います」と無難な答え。

   それでも小倉は納得できないらしく「そのまま持ち込んだらわかりますよ。入るためですかね?」と食い下がっていたが、もう一人のゲストである作家の岩上安身に「そうではないですね」と一蹴されてしまった。

   岩上によれば、犯人は黄金風呂を溶かしてただの「金塊」にしてしまい、海外で売却するのではないか、ということだ。まあ、たぶんそうなんだろうけど、ルパンみたいに金の風呂をまんまとかっさらった犯人が、のんびり湯船につかっているシーンを想像してみたい気もする。

文   小太郎
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中