2018年 5月 22日 (火)

「『打倒遼』で簡単に勝たせてくれない」

印刷

   ワイドショーで野球とゴルフとくれば、「ハンカチ」と「ハニカミ」の二人の王子。今朝の『とくダネ!』トップニュースは昨日(6月4日)に続き、東京六大学春季リーグを制した早稲田大の優勝パレードと昨日開幕した関東アマ選手権(千葉CC梅郷コース)に参加した二人の王子の追っかけ。

   『とくダネ!』は、王子の追っかけというより、王子を追っかけるファンの追っかけといったほうが当たっている。「ハンカチ」こと斎藤佑樹の優勝パレードを一目見ようと、昨夜は神宮球場から早稲田の森までの沿道は人、人、人の渦。その渦の中から「佑ちゃーん」「かわいーぃ」の金切り声。

   一方、「ハニカミ」こと石川遼を一目というわけで、千葉CC梅郷コースに集まった老若男女はざっと1900人。なかには「あんな息子がいたらいい」というおばさんから、「ゴルフはやったことがないが、奥さんに手を引かれてやってきた」という70歳前後の男性ファンも。

   この段階で、昨日の「ハンカチ王子」追っかけの際に、小声でボソッと「ぼくも大学(独協大)卒業したんですけど」と言っていたキャスター小倉智昭は、うんざり、疲労、倦怠やらがありあり。

   「関東アマチュア選手権はレベルが高いので『打倒遼』でそう簡単に勝たしてくれないよ」と、多少八つ当たり気味。

   作家の室井佑月に至っては、ハニカミ王子に「小学校の時からこういう爽やかさはなかった」、ハンカチ王子には「早稲田の男の子ってうっとおしいんだよ」。ワイドショーも喧騒が嫌悪に変わる前にそろそろ冷静になったら。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中