「佑ちゃん効果」は東高西低 早慶戦視聴率

印刷

   NHK教育が2007年6月3日午後2時から放送した東京六大学野球「早大・慶大2回戦」の視聴率が関東地区で9.9%(ビデオリサーチ調べ)を記録したことが分かった。この試合では、「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手が先発して早大が優勝を決めた。瞬間最高視聴率は午後4時1分の15.6%で、優勝決定のシーンだった。

   平均の9.9%という視聴率は5月28日から6月3日までの1週間に民放も含めて放送された全スポーツ番組のうちの4位。NHKも「この時間帯の教育テレビの視聴率はおおむね1%前後なので、高い数字だ」と話している。

   もっとも、関西地区での視聴率は3.7%で、通常よりは高いが、関東地区の半分以下にとどまった。斎藤投手は関東出身、活躍の場も東京六大学野球ということで、「佑ちゃん効果」も関東と関西で大きな差が生じているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中