「金より落語を残したい」桂歌丸の心意気

印刷

   6月1日の昼にNHKのBSハイビジョンで「わたしが子どもだったころ」という番組をやっていた。これは今年の1月から始まったシリーズで、有名人の子供時代を、本人の語りと再現ドラマで描き出そうという番組だ。

   今回の出演者は、笑点の司会者として有名な落語家の桂歌丸。ふだん笑点でやっているのとはちょっと違う雰囲気で、子供時代の話を語っていた。歌丸さんは昭和11年生まれで、オレは12年生まれ。同じ世代なのだ。

   少年時代は戦時中だったので、空襲や疎開のエピソードが出てきたり、日の丸弁当とか、家族が卓袱台(ちゃぶだい)を囲んで貧しい食事をするシーンが出てきたりした。オレも自分の子供時代、モノが何もない時代を思い出し、非常になつかしかった。

   歌丸さんは昔はチャランポランな感じだったけど、今は落語芸術協会会長にもなって、古典落語に一生懸命取り組んでいる。ちょうど70歳だが、「これから何をやりたいか?」と聞かれて「落語を残していきたい。金を残しても仕方ないから」と言っていた。

   彼は独特の雰囲気のある落語をやる人で、いま油が乗り切っている。落語には定年がないんだから、これからも元気でがんばってもらいたいなぁ。

      卓袱台を 囲む家族の あったかさ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中