「人との出会いがドラマを生む」 藤子不二雄A先生

印刷

   ふっと、残り香が脳裏に甦る、爽やかな中にもダイナミックさを秘めたトワレ。うっすらと少し透ける、半透明の黒いサングラス。パリッと折り目正しい、赤いストライプのシャツ。なめらかで肌触りがよさそうな、上質な素材で仕立てられた黒のスーツ。

   その胸元には、アクセントとなるピンバッジ。漫画「怪物くん」のキャラクター・フランケンと、富山県の黒部川のイメージキャラクター・ウォ-太郎・・・んっ?ダンディーなたたずまいに、アニメキャラクターのピンバッジ???

   このコーディネートの主は漫画界の大御所、藤子不二雄A先生!!!

   藤子先生と言えば、『忍者ハットリくん』『「怪物くん」『プロゴルファー猿』『笑ウせぇるすまん』などなど、誰もが知る漫画を世に送り出した漫画界の大巨匠。

   ダンディー藤子先生から、こんなお言葉を頂戴した。

   ずばり、「遊ばなきゃ、仕事はできないよ」!!

   「大好きなゴルフで、いろんな人と会うでしょ。それから、六本木とかで飲んでると、おもしろい話とかいっぱい聞けるじゃない、それが仕事なのよ」

   長年人々に親しまれる藤子先生の作品は「人との出会い」から生まれた賜物だったのだ!

   遊びで出会った人から、キャラクターのアイディアや、ストーリーをインスパイアされ、漫画に活かしてきた藤子先生。「わいは、サルや!」の名言で知られる『プロゴルファー猿』のストーリーや技は、プレー中のエピソードから生まれたものもあるらしい。

   「人との出会いがドラマを生む」が、藤子先生の人生訓。仕事場にも、標語のように目につくところに掲げていらっしゃるそうだ。

   「人と出会うには、いろいろ遊ばなくっちゃね。私の場合は、遊びは仕事なんですよ」

   艶っぽくサラッと言う、遊びも仕事も現役な73歳!! うぅ~ん、ダンディー藤子先生、カッコよすぎます!

踊るオサムン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中