2018年 7月 24日 (火)

「警察官の名前を出すべきだ!」

印刷

   スーパーモーニングのメイン・コメンテイター、マスコミのプライド、鳥越俊太郎。マスコミの"社会の木鐸"力を信じ、それを躊躇なく口にできる男だ。

   今日、富山冤罪事件(の無罪を確定するため)の再審がはじまるのに合わせて、番組が改めて事件を取り上げると、鳥越は憤然とコメントした。

   警察官は組織に守られすぎだ、と鳥越は言う。「電車の運転士が誤って事故を起こしたら、名前が報道され、罪に問われる。しかし、(今回のような)国家権力犯罪を起こした警官、検察官の名前はでてこない」。そして「僕は前から言っているけれど、メディアも名前を出すべきだよ」と嘆いた。

   メディアの木鐸力を(ふたたび)高めたいならば、スパモニ特別企画で妻夫木聡とお喋りしてるよりもほかに、なにかやるべきことがあるのかもしれない。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中