2018年 7月 16日 (月)

コメンテイターのみなさん、かけもちもほどほどに

印刷

   テレビのコメンテイターはワイドショーになくてはならない存在だが、最近はいくつもの番組に顔を出す「かけもちコメンテイター」が増えている。

   たとえば、派手なネクタイと寒いダジャレがトレードマークのデーブ・スペクター。とくダネ!のほか、ザ・ワイドやサンデー・ジャポンに出ている。最近では、スッキリ!!やピンポン!に出ている勝谷誠彦。今が旬ということでいろんなところに出まくっている。女性では、高木美保や室井祐月なんかもちょくちょく見るな。

   かけもちコメンテイターをやっているような人は、みんなそこそこしゃべれるから安心感がある。でも、出すぎると価値が減ってしまう。余計なお節介だけど、ほどほどにしておいたほうがいいんじゃないか。

   このところは、橋下徹とか大沢孝征とか弁護士もよく出てくるけど、弁護士の場合は専門性が高いから多少かぶってしまうのは仕方ないかもしれない。ただ油断してるとすぐ選挙に出ちゃうから、うかうかしていられないよ。

      顔みれば 安心するも すぐ飽きる

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中