「二、三発殴られちゃったよ」

印刷

   番組きっての武闘派リポーター、井口成人。姫路の「ゆかたまつり」にやってきた。まつりで問題行動を起こす「徒歩暴走族」を取材するためである。

   「徒歩+暴走」とは意味が計りかねるが、歩いてやって来る暴走族(のメンバーたち)というほどの意味らしい。が、この連中、乗りがたりない。警官隊となれ合うように揉み合ったり、すぐ逃げたりで、絵になる騒動にならない。

   ジリジリとする展開。そして、ついに待望の喧嘩が発生した。ところが、殴っているのは「一般人」、殴られてるのが暴走族だという主客転倒。道路に倒れた暴走族を一般人の集団が殴る蹴る――が止まらない。そこで正義のリポーター、井口が「やめろー、やめろー」と叫びながら人混みの中に突進。暴走族を輪の中から引っ張りだし、逃がしてやった。

   字幕には「井口リポーターが若者を救出」などと書かれ、迷惑な徒歩暴走族を糾弾するシナリオは、人命救助のリポーターを称える内容に急遽変更。見せ場をつくった井口は、カメラに向かって「二、三発殴られちゃったよ」と飛びきりの笑顔で話していた。

   ところで殴られたのは腹らしいが、カメラはシャツの上から腹部を映すのみだった。映像で「殴られた」証拠を確認できなかったのはテレビ的にマイナスだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中