ハンカチ王子「彼はアメリカをなめきっている」

印刷

   日米大学野球のオープン戦がきのう、サウスカロライナ州でおこなわれ、3番手で登板した斎藤佑樹(19)は連打をあびるなどして4失点。結局日本は7−4で米東南部選抜に敗れた。

「ハンカチ王子、けっこう打たれてますよ」

   が、試合後のインタビューで斎藤は「スライダーの切れは悪くないので、考え方を少し転換できれば、アメリカでも通用できると思う」と。また、米メディアの「メジャーにいきたいか?」との問いに「できれば経験したい。日本のプロ野球をまわってから」と答えた。

   加藤浩次が「日本のプロ野球を経験してからと言ってますね」というと、テリー伊藤は「いやー、わかんないですね、4年間実力をつけたら。いまは日本のプロ野球に対するリップサービス」と自信たっぷり。

   テリーはつい昨日も「下手すると、早稲田のあとメジャーに行かれちゃう」といっていたくらいだから、もう止まらない。

   加藤が「オープン戦だけど、けっこう打たれてますよ」といっても、「打たせてんですよ。ここへ投げたら打たれる、ここは打たれないと見極めでんです。彼はなめきってんですよ」

   「はぁー、アメリカを」

   「ま、見てくださいよ、公式戦になったら、ぴしゃりです」

   「打たれませんか」

   「まったく打たれませんね」で大笑い。

   加藤が「お墨付きもらいました」

   公式戦はあさってから。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中