模擬裁判「ストーカー殺人事件」の判決は?

印刷

   今日は、裁判員制度をにらんだ「スッキリ模擬裁判」の2回目。今度の事件はストーカー殺人だ。事件のストーリーはこんな感じ。

与えられた条件だと立証できない

   歩道で転んでけがをした恵美子(21)に太郎(27)がハンカチを差し出したことで、2人は知り合った。が、「彼氏がいるから」と交際をことわった恵美子に、太郎がつきまとう。アパート前でタバコをすう太郎。連絡を受けた彼氏が太郎に暴力を振るった翌日の夜、恵美子がアパート前で刺されて死んだ。フードをかぶった男がナイフで刺すところを目撃されていた。

   太郎が逮捕、起訴された。容疑は、暴行された逆恨みの殺人。

   ◆検察側は物証として
   (1)ナイフ=傷口がほぼ一致。2日後に捨てている
   (2)ハンカチ=被害者の血がついていた
   (3)タバコ=当日男が現場でタバコを吸うのを見た

   ◆弁護側はこれについて
   (1)ナイフ=太郎は左利きで、傷口が逆
   (2)ハンカチ=出会ったときのもの。思い出にと所持
   (3)タバコ=いつも吸っている銘柄と違う

   スタジオからは「血が新しいか古いか?」「アリバイは?」「彼女はその前どこにいた?」など疑問が提起されたが、元裁判官の八代英輝は「与えられた素材の中で判断しなければならないのが、裁判員制度の難しさだ」という。

   さて5人の判断は、4人が「無罪」。

   「ひと1人有罪にするだけの証拠がない」(さかもと未明)
   「タバコの銘柄が違う。左利き」(かとうかず子)
   「血の古さでわかるはず。左利き」(テリー伊藤)
   「与えられた条件だと立証できない」(阿部哲子)

   加藤浩次だけが「有罪」で、「VTRを見ると、太郎としか思えない」

   裁判官役の八代は「VTRは検察のシナリオでできている。実際の裁判ではこれらの証拠のほか、目撃者が証言する。その信憑性なども判断することになる」と。さらに裁判員だけでは有罪に出来ない、などのルールも解説した。

   で、彼の判決もやっぱり「無罪」だった。「乏しい物証だけでは犯人と断定できない。これからみなさんもこうした判断をすることになる」

   1人だけ外した加藤も「いまのうちに勉強しておいた方がいいですね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中