赤城疑惑「公明党も怒ってると思いますよ」

印刷

   赤城徳彦農水相の不明朗な事務所費の話。3日連続でうんざりだが、やっぱり外せない。

「9000万円はどこへいったのか?」

   「67分間に18回」。これが、昨日の記者会見で、赤城大臣が口にした「法律」「ルール」の数だ。それも想定問答のペーパーを手にしながら。ペーパーには黄色のマーカーのラインまで見えた。

   要するに「公私混同、架空、付け替えはない」とこれまでと変わらず、領収書について問われると、「法律で定められた通り、適正に処理している」と。あの「なんとか還元水」の松岡大臣のときと言葉まで同じである。

   加藤浩次が「がっかりしますね。想定問答集があってあの答え。自分の言葉でしゃべってほしかった」

   テリー伊藤は「十数年前、赤城さんは改革派で期待されていた。そのとき、法律を変えてでも日本を変えるといっていた。その彼が、法律を楯にして自分を守ろうとしている。これは納得出来ない。言ってることは松岡さんと一緒」。

   八代英輝も「自分たちの作った法律で自分を守るというのは、政治家としてダメ」と切って捨てた。

   テリーはさらに「9000万円というお金はどこへいったのか。ここがポイント」「公明党も怒ってると思いますよ。ちゃんと説明がないと選挙戦えない」

   大臣はこのあと、WTO(世界貿易機関)出席のためスイスへ。帰国は7月13日になるが、すでに選挙は始まっている。これで、追及を逃れたという計算だろうか。案外また、新事実が出たりして‥‥。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中