甲子園大丈夫か? 地震で試合できない新潟

印刷

   中越沖地震は高校野球も直撃していた。地震が発生したとき、柏崎市内の佐藤池野球場で、地元の柏崎総合高校と加茂高校の試合が行われていたが、その瞬間の映像がみつかった。

3年生には最後だからねぇ

   柏崎総合の攻撃で、打者が打ったとたんだった。走るはずのバッターが立ち止まり、キャッチャーとともにしゃがみこむ。ピッチャーもマウンドにうずくまってしまい、審判が一塁寄りに立って中断のゼスチュアをしている。カメラはまわっているが、これも大きく揺れて周囲の悲鳴が聞こえる。

   そのまま試合は中止となり、規定の7回に達していないので無効、再試合となった。大会も中断されたまま。新潟県大会は7月13日に始まり、25日に決勝戦という日程だったが、再開のめどは立っていない。

   というのは、この佐藤池球場は決勝戦が行われるメーン施設なのだが、地震でダイヤモンド内に亀裂が入り、スタンド際にも大きな段差ができてしまっているからだ。柏崎市内の高校はいま、練習どころではない。いったい間に合うのか。このままだと新潟代表の姿がないかもしれないという事態になっているわけだ。

   ただ、甲子園本大会の抽選会が8月5日、本番が8日なので、それまでに何とか、というのが関係者の願い。

   加藤浩次は「3年生には最後だからねぇ」
   テリー伊藤も「なんとしてでも、抽選会までに間に合わせてほしいね」

   そう、日本中が応援してるぞ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中