「牛に願いを」携帯のシーンばかりで驚いた

印刷

   フジテレビで火曜の夜に放送しているドラマ「牛に願いを」の3回目を見た。

   北海道の牧場に、東京の学生6人が実習へやってくるというドラマ。一種の恋愛ものだが、舞台が北海道なので非常に雄大なロケーションでやっている。

   座組みがよくて、いま売れ線の若い役者がいっぱい出ている。主役の玉山鉄二が存在感のある演技をしているが、小出恵介やオリエンタルラジオの中田敦彦もなかなかいい。女子学生のほうも、相武紗季、戸田恵梨香、香里奈と旬の女優がいて生き生きしている。

   でも、疑問に思ったことが一つある。いくら北海道の牧場でだだっ広いとはいっても、連絡しあうシーンで携帯ばかり出てくるというのはどうなのか。こんなに携帯が多く出てくるドラマは初めて見た。あまりにもたくさん携帯が出てくるので、驚いた。

   KDDIがスポンサーになっているのが関係しているのかな。

      携帯の ご使用も ほどほどに

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中