「主役不在」の朝ズバッ!、代役の出来は?

印刷

   司会のみのもんたが、二週間の休みに入り、日頃はニュース読み上げ係の柴田秀一アナが司会もつとめた。

2週間休みます

   主役不在の事態に、番組は一通り手を打った。まずCM明け、コーナーの入りで、女性陣を柴田の脇に立たせ、華を添える。そして、参院選明けということもあったのか、コメンテイターを7人に増員。

   また、みのの顔をしたかぶりモノを被った男が、みのの代わりのマスコットとして出演し、柴田がときおり話しかけるなどの演出があった。

   ホストとして明るく笑顔を見せようと振る舞ってはいたが、やはりシャイな柴田は、厚かましいほど視聴者に語りかけるみのとは正反対。7人のコメンテイターとのやりとりは、社内ミーティングのような内輪感があった。

   「安倍 辞めろ」と見出しを掲げた日刊スポーツにコメンテイターがアレヤコレヤ談義したとき、柴田はポツリと「感情的すぎますね」。みのもんたなら、どう言っただろうとふと思った瞬間だった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中