2018年 6月 25日 (月)

安倍と赤城「お祖父さんの代でも関係あった」

印刷

   参院選での自民党大敗に少なからず貢献したと見られる赤城徳彦・農水相。本人は自分の影響力の大きさについて謙虚な姿勢を見せていたけれど、安倍首相の「人心一新」のなかには赤城も含まれると、朝ズバッ!のニュースは伝えた。

   ここでコメントしたのは作家で番組コメンテイターの荒俣宏。今日は珍しく、得意のウンチク、トリビアを披露する回数が多かった。「安倍さんと赤城さんはお祖父さんの代で関係があった」と前口上。

   「(安倍のお祖父さんの)岸内閣が安保問題で自衛隊を出動させようとしたが、防衛庁長官だった赤城のお祖父さんが、それを止めた」。二人には浅からぬ因縁があったのである。荒俣は「いまの赤城さんとは迫力が違いますよね」と不肖の孫を嘆いてシメた。

   こうも世襲議員が多くなってくると、あと三代ぐらい下ったときには、近親間の因縁だらけの政界になっていそうだ。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中