2018年 7月 17日 (火)

出口調査のおかげでつまらない「選挙速報」

印刷

   この前の日曜の夜は、どの局も参院選の開票速報特番をやっていた。今回は自民党の大敗という方向がはっきりしていたので、深夜1時、2時まで見る必要もなく、さっさと寝ることができたけど。

   前の衆院選で小泉自民党がバカ勝ちした裏返し。民意がここまであからさまに変わるものかとちょっとびっくりしたが、民主が勝ったというよりも、自民のオウンゴールだろう。

   選挙特番の出演者は各局おなじみの顔ぶれだったようだが、島田紳助を使った日テレが冒険をしていて、新鮮な感じだった。紳助はそんなに目立っていたわけではないけれど、一瞬、光るところはあった。候補者とのインタビューで、普通の人なら聞かないところを聞いていた。バラエティだけでなく、報道でもやっていける片鱗をみせたんじゃないかな。

   でも肝心の番組のほうは、開始早々に勝負が分かってしまって面白くもなんともない。昔と違って、出口調査ですぐに結果が出てしまう。これじゃ番組として持たないよなぁ。出口調査なんてなければいいのに、とすら思ったよ。

      大敗も 鈍感力で 屁の河童

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中