安倍キャッチフレーズ「美しい国」引退へ

印刷

   番組が伝えるところの朝日新聞記事では、安倍内閣広報担当の世耕弘成・首相補佐官が首相に苦言を呈した。

ナアナアでやってきたのが、選挙で負けた一因

   「街頭では、とても『美しい国』なんて言えませんでした」と、安倍内閣のキャッチ「美しい国」をいまさら否定。生きるためのパンを与える政策をもっと打ち出すよう進言したという。で、安倍は選挙以後、「美しい国」という言葉を封印したんだとか。

   キャッチフレーズのほうが一足お先に退陣となった格好だが、スタジオのコメンテイター、杉尾秀哉・TBS解説委員は今日も敗軍の掃討にいそしんでいた。

   「こういうことは、いつも首相に言わなければいけないのに、お友達内閣、仲良し官邸団でナアナアでやってきた。それが選挙で負けた一因」と口もなめらか。「一因」というところが、まるで太字で強調されているように聞こえたのは気のせいであるような、ないような…。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中