「田中真紀子とそっくり」小池百合子防衛相の「非常識人事」

印刷

   「これも、再任をアピールしたかったからでしょう」。訪米目的に疑問の声が出た次は防衛省の事務次官人事。小池百合子防衛相のド派手な行動が物議をかもしている。『スパモニ』はこの騒動をトップで取り上げた。

どうして対立しているのですか?

   事の起こりは8月7日。防衛省の官僚トップである事務次官人事について、在任5年目の守屋武昌事務次官の退任、西川徹矢官房長の昇格を決め、本人に伝えて訪米の途へ。

   守屋氏といえば、「防衛省の天皇」などと言われ、防衛庁の省昇格や自衛隊のイラク派遣を強力に推進した実力者。テロ特措法の国会審議を控えて続投に意欲を見せていた。このため相談なしに決められた人事に猛反発。大臣訪米中に官邸や自民党国防族議員をまわり、不満を訴えた。

   意気揚々と帰国した小池氏は、部下の造反を受けてすぐさま官邸に塩崎官房長官を訪ね、15日の閣議で次官人事を決めるよう要請した。しかし、「手続きが非常識」と突っぱねられて、次官人事は「凍結」へ逆戻り。

   小木逸平アナは「大変な火花が散っているのですね」。赤江珠緒キャスターも「どうして対立しているのですか?」。

   テレ朝解説委員の三反園訓が解説した。

   「小池さんは自分流の改革をするということで、再任へのアピールをしたかったのでしょう。外務大臣時代の田中真紀子さんとそっくり。田中さんは人事をめぐって外務官僚と対立し、あのときは鈴木宗男さんが登場した。今回は山崎拓さんが登場して小池さんを批判した」

   当の小池大臣は、分が悪いとみたのか「確執などはございません。いま調整しているところです」と、自ら投じた波紋を消すのに躍起。出る杭は打たれるということか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中